2015年05月31日

ノエル少年を威力業務妨害罪で見せしめ逮捕した警察がドローンを落下させた!

ドローンで不当逮捕の15歳!ノエル少年の将来!動画配信と有名私立中学校

ドローンを飛ばすと言ってない!祭りに行ってない!不当逮捕されたノエル少年

ノエル不当逮捕!威力業務妨害罪を拡大解釈!財産没収・逮捕・監禁する警察よりつづく


また、威力業務妨害罪とは、威力を用いて他人の業務を妨害する罪ですが・・・


ノエル少年は、警察に対して、ドローンが禁止であることが分かり易いように、貼り紙など貼るなどすべきだと主張しました。

その結果として、三社祭の主催者側が、「ドローンの持ち込みを禁止する」と貼り紙を貼るなどしたのでしょう。


禁止事項の周知徹底を主張し、お願いすることの、どこが威力業務妨害罪なのでしょうか???


今回の不当逮捕以前に、動画で、ノエル少年に警察がやり込められている場面を放送されて、ノエル少年は警察の面子を潰したから、不当逮捕されたという意見もあるようです。


【神回 ノエル】最凶中学生 川崎中1殺害事件の容疑者宅で職務質問【アフリカTV】



【ノエル】ネット少年 管理者と話がついたのにでしゃばる警察@【アフリカTV】

【ノエル】ネット少年 管理者と話がついたのにでしゃばる警察A【アフリカTV】


【ノエル】ネット少年 警察官と大行進になった@【アフリカTV】

【ノエル】ネット少年 警察官と大行進になったA【アフリカTV】


【ノエル】ネット少年 警察官の人数が増えて恐い@【アフリカTV】【1079】

【ノエル】ネット少年 警察官の人数が増えて恐いA【アフリカTV】【1080】


1人の少年VS警察大動員という状況にもかかわらず・・・、

警察は、法的な拠り所となる条例を指し示すこともできず、面子丸潰れです。。。

( ´_ゝ`)プッ


しかし、警察がヤクザ並みに面子にこだわり、過去にどれだけ冤罪を生み出したことでしょう。


関連記事

冤罪袴田事件!「疑わしいと言うなら罰する!」裁判所・刑事裁判の大原則


また、ノエル少年の逮捕は、警察の職務質問を拒んだことによる、見せしめ逮捕であるとの意見もあります。


職務質問について

警察官職務執行法第2条

「警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知つていると認められる者を停止させて質問することができる」


職務質問は、強制ではなく、任意の捜査活動ですが、「任意なので拒否します!」と言われ、「はい、わかりました。さようなら」では、現実の捜査活動は難しいのかもしれません。


しかし、法律が実情にそぐわないのなら、法律を変えるべきで、ノエル少年を見せしめ逮捕しても、何の解決にもなりません。


面子にしても、見せしめにしても、いずれにしても、警察には自制して欲しかったと思います。


ところで、本日、山梨県警がドローンを飛ばし、落下させてしまったようですが、これはお咎め無しですか?

人に怪我をさせかねない、危険極まりない行為なんですよね??

(〃゚д゚〃) カナリ、ハズカシイ

山梨県警導入のドローン 訓練中に落下

5月31日 12時25分

山梨県警察本部が導入した小型無人機「ドローン」を使った初めての実践的な訓練が南アルプス市で行われましたが、訓練中にドローンが落下し機体の一部が破損するトラブルがありました。

県警察本部は「原因を突き止めて、本番では同様のことが起きないようにしたい」と話しています。

山梨県警察本部は、地震や土砂崩れなどの大規模な災害が起きたときの情報収集に役立てようと、小型無人機「ドローン」を去年導入し、31日、初めて実践的な訓練を行いました。

南アルプス市の総合公園で行われた水防訓練は「乗用車が河川敷で土砂に埋まった」という想定で始まり、ドローンは現場の状況を把握するため、空中から撮影を行いました。

ドローンは7分ほど空中を飛行したあと、着陸しようとしましたが、途中で木に引っ掛かり、高さおよそ2メートルのところから落ちて、機体の一部が破損しました。

このトラブルによるけが人はいませんでした。

警察によりますと、着陸する際、操縦が効かなくなり、人がいないところへ移動させようとして木に引っ掛かったということです。

今回、操縦を担当した警察官は購入元の会社から指導を受けるなど、2か月にわたって訓練をしていたいうことです。

県警察本部危機管理室の野中卓志室長は「撮影が終わったあとだったので訓練には問題がなかった。

製造元の会社に相談して原因を突き止め、実際の災害現場では同様のことが起きないようにしたい」と話しています。


NHK NEWS WEBより引用

http://www3.nhk.or.jp/news/index.html


ノエル少年の不当な抑留・拘禁と弁護士相談!ドローンはどこで飛ばせばいいのへつづく
ニュースブログ!言いたい放題・好き勝手にコメント!
Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 ドローン 少年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする